最新ニュース

外国為替市場では円安、金利差拡大で海外投資家に有利

2022/12/23

最新ニュース

外国為替市場では円安、金利差拡大で海外投資家に有利

2022年、東京23区の平均住宅価格は約11.7%上昇しましたが、
今年の4月以降、外国為替市場では円安が引き続き進んでいる状況で、不動産市場に一体どのような影響を与えるのでしょうか?


日本の不動産市場には、外国人投資家がこの貴重な投資機会をつかみ、不動産市場をさらに活性化させています。
また、東京オリンピック開催後、日本政府の都市再生や再開発計画は進んでいます。
日本政府の国家戦略特区制度の導入により、東京
は日本最大の「国際ビジネス拠点」として認定されました。
そして、
不動産市場の発展を促進するため、建築規制の緩和や手続きの簡素化など、さまざまな施策が行われています。
一方、日本政府は都市再開発計画
、新しい都市建設や商業施設のオープンラッシュが続いているため
今後の不動産市場は、上昇が続く可能性が高いと予想され
ています


海外投資家が日本住宅を購入するメリット“円安で有利なため、良い投資機会と言える”

継続的な円安と為替レートは投資の強みになり、日本の不動産は他の先進国と比較すると、割安なため海外投資家の「大人買い」が見られます。
東京オリンピック開催以降、住宅価格の上昇や再開発、インフレなどの影響により、資産価値の減少を抑えることができています。
そして、安全資産を保有する需要が高まり、日本の不動産市場が成長を続ける原動力の一つとなっています。

日本の不動産市場に投資する特徴

日本の不動産投資を選択する海外投資家は、日本の不動産市場の長期的な安定性を評価しています。
固定金利が上昇基調にあるものの、まだまだ低金利を維持していることがあり、そのため住宅を購入するために日本まで渡航することもあります。
しかし、最近では、海外投資家が現地に行かず、映像で物件の資産価値を見極め、ビデオ通話や決済システムを利用しています。
そして、不動産の賃貸契約を結ぶ際の重要事項の説明や、賃貸借契約書などの手続きを簡素化、取引関連の書類が完全に電子化できるようになりました。


不動産に関するお問い合わせは、GLOCALYまでお気軽にご連絡ください。
これより詳しい情報は、ぜひ新規会員登録(無料)をしていただき、会員専用サイトでご覧ください。

より詳しい情報は